津山ホルモンうどん研究会からのお知らせや、津山ホルモンうどん出店イベントの紹介など。
mabi24.jpg
2019年2月24日に倉敷市真備町へ炊き出しに行き、合計500食を熱々で提供してきました。
soujya24.jpg
平成31年2月24日(日)、復興支援チャリティマラソン2019そうじゃ吉備路マラソンに出展してきました!
momiji24-77.jpg
11月23~25日と鶴山公園で開催された「津山城もみじまつり」にて、これまでの歩みを展示すると
ともに、未来に向けて活動PRを行うための準備を行いました。 研究会は特設ブースで、来年の兵庫県明石市でのB-1グランプリに向けて、寄せ書きメッセージを
いただきました。
shinbun.jpg
2018年9月26日、「おかやまご当地グルメまちづくりネットワーク」の5団体が7月8月に続いて3回目の炊き出しに行ってきました。

真備町で炊き出し 2018年9月30日

horumon-mabi.jpg
2018年9月26日西日本豪雨の被災者の皆さんに食べて頂こうと「おかやまご当地グルメまちづくりネットワーク」の5団体が、倉敷市真備町地区の避難所の川辺小学校で炊き出しを行い、地元の皆さんに喜んで頂きました。
mabi.jpg
2018年8月21日と22日の2日間、津山ホルモンうどん研究会とひるぜん焼そば好いとん会は、
7月豪雨災害の被災地である総社市災害ボランティアセンターに赴き、災害ボランティアや被災者
に対し、ご当地グルメ延べ800食の炊き出しを実施しました。
gongo-horumon.jpg
2018年8月4日(土)・5日(日)に開催された、第40回津山納涼ごんごまつり in 吉井川に出展しました。
☆DSC_0038.jpg
 8月3日、福島県浪江町の住民有志の皆さんが、津山市役所を訪れ、7月西日本豪雨災害に対
する義援金を寄付してくださいました。福島県浪江町は、津山ホルモンうどん研究会を通じて平成
21年から交流のある町で、平成23年の東日本大震災以降は、同研究会が同町の避難先の福島
県二本松市を何度も訪れ、復興支援として炊き出しなどを実施してきました。
 義援金は、現在も避難生活を続けている住民の皆さんが、今回の豪雨災害を知り、同研究会を
通じて寄せてくださったものです。今回訪問してくださった皆さんは、津山市のほか、交流のある岡
山県内の被災地を訪れ、義援金を届けたあと、4日には広島県三原市で避難者に対し「なみえ焼き
そば」の炊き出しを行う予定です。
温かいお心遣いをありがとうございました。
horu-ken8.jpg
2018年7月12日午後6時よりお好み焼き三枝にて、定例会議がありその後、新しいタレの試食会が行われました。
horu-eki-sake1.jpg
2018年6月3日(日)に津山駅ホームで、津山市、美咲町、(公社)津山市観光協会と連携した、津山線開業120周年記念「美作国地酒列車」の歓迎おもてなし行事がありました。我が会からも、「黄福のホルモンうどん」が販売(幸福のまち 美咲×牛肉の聖地 津山 特別企画)され、多くのお客様に買っていただき、「とっても美味しいよ!」とコメントを頂きました。

津山線開業120周年記念「美作国地酒列車」運行